読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

29歳のホワイトニング効果観察日記。

ホワイトニングで歯を白くして自信をつけていくブログ。

ホワイトニング効果観察日記トップ

ちゅらトゥースホワイトニングに入っている「GTO」という成分について調べてみた。

ホワイトニング日記-ちゅらトゥースホワイトニング ホワイトニング日記

GTOってどんな成分?

「ちゅらトゥースホワイトニング」、継続使用中です!

ホワイトニング日記にも書いたのですが、ちゅらトゥースホワイトニング使っていると、口のトータルケアになるんじゃないのかなぁと思っています。

 

teeth-whitening.hateblo.jp

今日も朝9時に歯を磨いて、そのあとちゅらトゥースホワイトニングジェルを使ったら午後の2時過ぎくらいまで口臭防止になっていました。暑くて口の中は乾くはずなのに。

暑かったのと口臭なんの関係があるの?ということなのですが、口の中が水分不足になっていると唾液の量が少なくなって、細菌が繁殖してそれが口臭の元になったりするんです!口臭の原因はいろいろあるのですが、唾液の量の低下はそのうちの一つです。

で、このホワイトニングジェルに入っている「GTO」という成分が特別なようで、少し調べてみました。

GTOとは何の成分?

歯のバリアになるGTO

公式ページを見てみると、この新成分は「虫歯リスクをとことん減らす!」と説明されています。

ウーロン茶の抽出物とホップエキスからなる新成分・・・らしいけど、この製品以外にも含まれているのかな?

気になって調べてみたら、GTOが含まれているのは今使っているちゅらトゥースホワイトニングジェルと、同じ会社が出している「薬用ちゅらフレッシュ」というマウスウォッシュのみのよう。

海外のサイトも調べてみたけど、特に該当するものが無し。沖縄県のちゅらコスの専売特許成分なんですかね。

虫歯発生の元凶GTase(不溶性多糖類合成酵素)って?

歯に悪いものを抑制!

GTOについて有力な情報がなかったので、GTOが虫歯予防に働きかけるときの敵となる悪い成分、GTaseについては何か情報があるかな?と思い調べてみました。

あ!こっちはいろいろありますね。

GTaseは、「グルコシルトランスフェラーゼ(不溶性多糖類合成酵素)」というとても長い名前の酵素のようです。

この酵素が口の中にあると悪さをして、歯に歯垢がつきやすくなってしまう仕組みのようです。

ということは、GTaseの働きを抑えるのがGTOだと、歯に歯垢がつきにくくなる=虫歯になりにくくなる!ということのようです。

GTaseは、ウーロン茶に含まれているということで、ウーロン茶は特定機能食品になることもあるようです。

調べてみたら「なっとく!」という感じですが、僕も口臭が気にならなくなったし、妹も歯がつるつると言っていたのは歯垢がつきにくくなったからなのかなと思いました。

GTOについてのまとめ

使用6日目のちゅらトゥースホワイトニングジェルの感想でしたが、改めて調べてみるとこんな効果があったんだ!という感じでした。

実際に使用しているとボトルの形状とか使いにくいところとかもありますが、大体は満足しています。

→自宅でホワイトニングするならちゅらトゥースホワイトニング